スポンサーリンク

新型コロナ 都道府県別感染者データ 令和3年8月18日19時!!

新型コロナ

人口比率を表にしてみました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新型コロナウイルス対策! 免疫力を上げる50の方法 (TJMOOK)
価格:548円(税込、送料無料) (2021/8/19時点)


感染者数だけ言われても、人口の多い東京となかなか比較できないので

人口比率で新規感染者数、現在感染者数、累計感染者数、死者数をパーセント表示しています。

兵庫県の人口は、7番目。

兵庫県にも緊急事態宣言が8月20日から出ますが、死者数を見てみると・・・。

1位 大阪府

2位 北海道

3位 兵庫県

なんと、人口比率でいうと全国で3番目に多い死者数。

重症化して、亡くなる確率が高いというのは、とても怖いことです。

人口全体の0.024%ですが、0歳から20歳、~30歳、~40歳、~50歳って

年齢が上がるにつれて、死亡率も上がっていくので

やっぱり、感染予防に努めるしかありません。

早くワクチン接種し、マスクと手洗い、うがい。

そして、密を避けないと・・・。

しかし、全国的にみると、地域差ってかなりあるのが分かります。

とはいえ、誰も亡くならないことを目指すのが一番なので

出来る対策は必ずする。というのが基本ですね。


世界はどうなのか・・・

一番感染者の多いアメリカは・・・。

アメリカの人口 329,065,000人(2019年データ)

累計感染者数 37,017,854人 比率 11.25%  

死者数 623,322人 比率 0.19%

やはり、アメリカは桁が違いますよね。

国民の1割が感染しているってことですよね。

中国もみておきましょう。

中国の人口 1,441,860,000人(2019年データ)

累計感染者数 94,500人 比率 0.0065%

死者数 4,636人 比率 0.00032%

やはり中国はいろんな意味で凄いですね。

日本のどの都道府県よりも少ない。

本当ならば・・・。(^^;

コメント